本文へスキップ

消防吏員とは

消防士

消防士 合格

消防士になりたいHEADLINE

消防吏員とは


消防吏員(しょうぼうりいん)は、市町村の消防本部に勤務する消防職員のうち階級を有する者をいう。

消防吏員とは消防本部に勤務する消防職員のうち、消火・救急・救助・査察などの業務を行う者である。

「吏員」という言葉が現在では一般になじみがないため、「消防士」が俗称として用いられたり「消防官」という呼称が当局の公式な文書でさえ使用されることもあるが、法律上の正式な身分呼称は消防吏員である。

消防本部の長たる消防長は行政規模や人口、消防吏員の員数によりその階級が異なり、東京都特別区の消防総監をはじめ、政令指定都市などでは消防司監や消防正監が多い。通常の市町村では消防監以上が消防長となる。

消防長は消防本部管内の消防署を統括し、消防署は消防本部の指令を受けて消防署長の指揮の下、消防署総務・警防・予防各課と消火・救急・レスキュー各隊により消防行政及び火災救急の任務が遂行される。

消防団員との違いは、消防吏員が消防業務に専門的に従事する正規(常勤)の一般職地方公務員なのに対して、消防団員は普段は別の仕事を持つ地域住民の志願者より採用される非常勤の特別職地方公務員(いわばアルバイトまたはパートタイマー)である。



地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。


消防士になりたい