本文へスキップ

消防職員採用試験

消防士

消防士 合格

消防士になりたいHEADLINE

消防職員採用試験


■仕事内容

人命救助と予防行政が仕事 
消防の仕事といえば、「火消し」をすぐに思い描くが、実際に119番にかかる件数は、火災より救急要請の件数のほうが圧倒的に多くなっている。消防職員の仕事は火災を含めたあらゆる人命救助活動を担っているといえる。
 
例えば、消防職員の中から選抜される「特別救助隊」は、人命救助のエキスパートとして災害時に活躍していることは新聞などでもしばしば報道されている通りだ。各方面の本部に組織されている。ほかに水難救助隊、山岳救助隊があり、それぞれの救助任務に就いている。
 
その他、救急隊の出動も大きな仕事だ。現在は、救急病院の空きベッド数の報告が常に消防署に入るシステムや、救急車内で心肺停止状態の患者などに医療行為の一部を行う救急救命士の採用などにより救命率は高まっている。
 
また、大地震などに対する防災の点検・訓練指導、地元消防団の組織作りや指導なども消防職員の仕事である。さらに、異色な仕事として、消防音楽隊の活動もある。これは、旧帝国海軍軍楽隊の流れを汲んで組織されているものだが、火災予防運動の際のPRのほか、博覧会など国際的な行事にも欠かせない存在になっている。
 
災害活動を行う消防職員の勤務態勢は、毎日勤務と交替制勤務の2つがある。勤務時間は各消防本部により異なる。交代制勤務者は、2部制では職員が2部に分かれ、当番・非番の順序に隔日ごとに勤務する。3部制では、職員が3部に分かれ、日勤・当番・非番を組み合わせて勤務する。


■取得方法

市町村単位で独自に募集する 
消防業務は、原則として市町村単位で行われ、それぞれ
(1)消防本部
(2)消防署
(3)消防団
の全部または一部を置かなければならないことが消防組織法により定められている。
 消防団員は、普段はそれぞれ会社勤務や農業といった仕事をもち、火災などが起これば仕事を中断して防火活動などを行う、非常勤の地方公務員である。
 消防職員の採用試験も、全国一律で行われるものではなく、全国の市町村の消防本部(局)ごとに、それぞれ実施している。したがって、募集定員、試験日、問題などは、それぞれの市町村によって異なる。およそ毎年3月から4月ごろに試験の内容が発表されるので、志望する人は、各消防本部(局)に問い合わせるとよい。ホームページなどでも公開されているので参考にしよう。


■問い合わせ先

各市町村消防本部


地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。


消防士になりたい