本文へスキップ

消防設備点検資格者

消防士

消防士 合格

消防士になりたいHEADLINE

消防設備点検資格者


■仕事内容

消防用設備の機能を点検 
一定規模以上の建物では、火災時にスプリンクラー設備などの消防用設備等が機能するように、定期的に点検、整備し、結果を消防機関に報告することが消防法で義務づけられている。消防設備点検資格者は、この点検業務の有資格者。資格には、特殊消防用設備等の点検を行う特種、主として機械系統の設備の点検を行う第1種、主として電気系統の設備の点検を行う第2種がある。


■取得方法

有資格者が対象の講習 
消防法に基づく講習を受け、修了考査に合格しなければならない。年齢、学歴、性別は問わないが、詳細情報にあげた受講資格のうちいずれかに該当しなければ受けることはできない。講習科目内容は、消防用設備等及び特殊消防用設備等の点検制度、消防法規、建築基準法規、火災予防概論などの他、特殊消防用設備等概論(特種)、消火用や警報用の設備の技術基準点検要領(第1種・第2種)など。修了考査は択一式で、講習修了後2時間行われる。


■試験情報
受講資格: (1)甲種・乙種消防設備士 (2)第1種・第2種電気工事士 (3)1級・2級管工事施工管理技士 (4)水道布設工事監督者の有資格者 (5)建築設備検査資格者、特殊建築物等調査資格者、昇降機検査資格者 (6)一級・二級建築士 (7)技術士(関係部門の2次試験合格者) (8)第1種・第2種・第3種電気主任技術者 (9) 1級・2級・3級の海技士 (10) 建築基準適合判定技術者検定の合格者等
講習科目: 消防用設備等及び特殊消防用設備等の点検制度など。
修了考査: 講習は特種、第1種及び第2種に区別し、各3日間行われ、考査は講習の最終日に実施。
申込期間: 各種の講習機関により異なる。
講習日: 各都道府県単位で行われ、期日はHPの講習実施予定を参照。
受験料: 各33,000円(払込手数料は受講者負担)
受講者数: 特種・第1種・第2種=6,385人(平成21年度)
合格率: 特種・第1種・第2種=93.5%(平成21年度)


■問い合わせ先

(財)日本消防設備安全センター
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館内


地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。



消防士になりたい