本文へスキップ

防火管理者

消防士

消防士 合格

消防士になりたいHEADLINE

防火管理者


■仕事内容

火災防止・被害を最小限に 
一定規模以上の建物の管理権原者(所有者や管理者など)は、管理・監督的な立場にある人などの中から防火管理者を専任するよう定められている。防火管理者は、消防計画の作成、避難訓練の定期的実施、火気の使用または取扱いに関する監督、消火活動上必要な設備等の点検・維持管理、その他防火管理のために必要な業務を行う。


■取得方法

甲種・乙種に分かれる 
防火管理に関する講習を受講する。甲種は、(1)特定防火対象物では収容人員30人以上で延べ面積300平方メートル以上の事業所、(2)非特定防火対象物では収容人員50人以上で延べ面積500平方メートル以上の事業所、(3)避難困難施設が入っている建物で収容人員10人以上のすべて。乙種は、(1)特定防火対象物では収容人員30人以上で延べ面積300平方メートル未満の事業所、(2)非特定防火対象物では収容人員50人以上で延べ面積500平方メートル未満の事業所。特定防火対象物とは劇場、映画館、店舗、病院、ホテル等。非特定防火対象物は共同住宅、学校、工場、倉庫、事務所等。避難困難施設とは社会福祉施設など。平成18年4月1日から、収容人員300人以上の特定防火対象物の甲種は、5年以内ごとに再講習が必要。


■試験情報
受講資格: 防火管理者として選任される予定のある者
講習内容: 防火・防災管理新規講習=2日間、9時〜17時。甲種防火管理者と防災管理者の資格を併せて取得。乙種防火管理講習=1日。9時20分〜17時。※講習終了後に効果測定。(東京消防庁)
講習日: 各市町村の消防本部HP等で確認
講習地: 各都道府県・市町村ごとに指定
受講料: 講習用テキスト=甲種4,600円、乙種1,500円(東京消防庁)


■問い合わせ先

各市町村の消防本部


地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。



消防士になりたい