本文へスキップ

防火対象物点検資格者

消防士

消防士 合格

消防士になりたいHEADLINE

防火対象物点検資格者


■仕事内容

防火管理の実施状況などを点検 
平成14年4月に消防法の一部が改正され、劇場、公会堂、キャバレー、飲食店、マーケット、旅館、病院など特定防火対象物について、収容人数300人を超えるものすべてと、30人以上300人未満で屋内階段が1か所、3階以上または地階に特定用途が存するものは、消防法令、火災予防などに係る専門家が、防火管理の実施状況などを総合的に点検し、結果を消防機関に報告することが義務づけられている。その専門家として点検を行うのが、防火対象物点検資格者である。


■取得方法

一定の資格取得者が対象の講習 
講習会(4日間)を受講し、修了考査に合格すれば資格を取得することができるが、講習を受講するには、一定の資格が必要になる。 
免状を取得してから5年以内に再講習を受けなければならない。怠ると資格を喪失する。


■試験情報
受講資格: (1)甲種・乙種消防設備士 (2)特種・1種・2種消防設備点検資格者 (3)防火管理者 (4)甲種・乙種防火管理者講習の課程修了者 (5)建築基準適合判定資格者検定合格者 (6)特殊建築物等調査資格者 (7)建築設備検査資格者 (8)一級・二級建築士 (9)建築設備士 (10)火災予防に関する業務を担当する市町村の消防職員 (11)市町村の消防職員 (12)市町村の消防団員 (13)防火に関する建築行政業務を行う特定行政庁職員 ※ただし、いずれも当該資格において、1〜8年の業務経験が必要(詳細は講習の手引き参照)。
講習科目: 防火対象物の点検報告制度・点検要領、火災予防概論、消防法規、消防用設備等技術基準など
修了考査: 講習は4日間行われ、考査は講習の最終日に実施
申込期間・講習日: 主要都道府県で行われ、期日はHPの講習実施予定を参照。
受講料: 45,000円(払込手数料は受講者負担)
受講者数: 1,122人(平成21年度)
合格率: 97.3%(平成21年度)


■問い合わせ先

(財)日本消防設備安全センター
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門 2-9-16日本消防会館内


地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。



消防士になりたい